UFB ALPIA

CONSTRUCTION UFB ALPIA導入までの流れ

本製品のご購入から実際の運用開始までは、下記のような流れになります。

UFB ALPIA

お住まいの住宅・場所によって設置方法や設置完了までの時間が異なります。
詳しくは施工業者へお問い合わせください。

ご購入前の確認事項

  • 水質基準の確認
    お住まいの住宅が水道法で定められた水質基準に適合した水道水を使用していることをご確認ください。
    ※井戸水や雨水、海水、温泉水などにはご使用いただけません。
  • 住宅状況・場所の確認
    お住まいが分譲であること、専有部分の工事可否などは規約を確認いただくか、管理組合にお問い合わせください。
  • 水圧の確認
    お住まいの住宅の水圧が0.2MPa以上であることをご確認ください。構造上、若干の水圧の減損が発生する場合があります。

施工業者の選定

UFB ALPIAの取付工事は、各自治体にて指定されている「指定給水装置工事事業者」にご依頼ください。事業者はインターネットで検索可能です。施工業者の選定に関してご不明点等ございましたら、ご購入の販売代理店までお問い合わせください。

UFB ALPIA UFB ALPIA

取付工事前の事前確認事項[施工業社様向け]

UFB ALPIA

PROCEDURE 工事手順

  • UFB ALPIA
    STEP 01 水道メーター横の配管を露出
    水道メーター2次側の配管が地中にある場合は土を掘り、コンクリートで囲まれている場合は斫り工事で配管が見えるように露出させてください。マンションの場合はメータボックス(パイプスペース)内で行います。
  • UFB ALPIA
    STEP 02 UFB ALPIAを
    接続
    止水栓を閉じて断水されていることを確認し、配管を切断してUFB ALPIAを取付けます。
    流水方向を間違わないように正しく取り付けてください。接続口径は入水側/出水側ともにR3/4です。
  • UFB ALPIA
    STEP 03 ボックスを取付け埋設
    UFB ALPIAの接続工事が完了したら通水を行い、漏水などがないか確認してください。その後ボックスを設置し、必要に応じて砂利を敷いて埋設します。
  • UFB ALPIA
    STEP 04 UFB ALPS
    取付工事完了
    戸建ての場合、約2~6時間(メータ周りがコンクリートの場合は工事時間が長くなります)、マンションの場合、30分~2時間程度で終了。物件が古い場合はUFBの作用で配管内の汚れが出てくる場合がありますが、数時間で収まります。